FP過去問題攻略

相続・事業継承問題6

問題:相続人が、代償分割により他の相続人に自己所有の不動産を与えた場合には、その不動産を時価で譲渡したものとみなされて、譲渡所得税の課税対象となる。

 

正しいかどうかと、間違っている場合その理由も考えてください。

 

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

 

解答:○

 

代償分割とは、遺産の分割に当たって共同相続人等のうちの1人又は数人に相続財産を現物で取得させ、その現物を取得した人が他の共同相続人等に対して債務を負担するもので現物分割がむずかしい場合に行われる方法です。

相続・事業継承問題6関連エントリー

相続・事業継承問題1
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題2
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題3
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題4
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題5
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題6
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。