FP過去問題攻略

相続・事業継承問題5

問題:物納財産が収納されることとなった場合の収納価額は、原則として相続開始時点における相続税評価額による。

 

 

正しいかどうかと、間違っている場合その理由も考えてください。

 

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

 

解答:○

 

物納は、延納の方法を用いてもなお納付できない相続税額が残ってしまう場合の方法となる。税務署は物納許可後1年以内に限って物納の撤回を認めており、金銭による即納または延納への変更ができることもあります。これが物納の撤回制度といわれるものです。(相法43-5)、物納できる財産は、日本国内にある財産で、その時の相続で取得したものに限られます。

1. 国債および地方債、

2. 不動産および船舶、

3. 社債および株式 ならびに投資信託、

4. 動産

相続・事業継承問題5関連エントリー

相続・事業継承問題1
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題2
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題3
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題4
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題5
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題6
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。