FP過去問題攻略

相続・事業継承問題2

問題:贈与契約は、贈与者と受贈者の意思が合致すれば財産の移転がなくても成立するが、書面によらない場合、履行が未了のものについては当事者は取り消すことができる。

 

正しいかどうかと、間違っている場合その理由も考えてください。

 

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

 

解答:○

 

書面によらない贈与契約は各当事者が取り消すことができます。ただし書面によらない贈与契約でも既に履行が終わっている場合は取り消す事ができません。

相続・事業継承問題2関連エントリー

相続・事業継承問題1
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題2
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題3
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題4
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題5
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題6
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。