FP過去問題攻略

相続・事業継承問題1

問題:相続人は、相続開始後6ヶ月以内に、相続について「単純承認」「限定承認」または「放棄」の意思表示をしなければならない。

 

正しいかどうかと、間違っている場合その理由も考えてください。

 

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

 

 

解答:×

 

相続放棄と限定承認は、その相続を知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に、申述しなければなりません。この期間は伸長の申し立てができます。

相続を知ったときからというのは、自己のために相続の開始があったことを知ったとき、つまり自分が相続人になったことを知ったときから起算します。

相続・事業継承問題1関連エントリー

相続・事業継承問題1
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題2
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題3
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題4
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題5
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
相続・事業継承問題6
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。