FP過去問題攻略

金融資産運用問題3

問題:債券の価格は国内景気が不況のときや物価が低迷しているときは上昇し、為替

相場が円高のときは下落する。

 

正しいかどうかと、その理由も考えてください。

 

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

 

解答: 間違い

為替相場が円高のときは下落する。という部分が間違いです。

円高のときは上昇します。

 

 

一般的に景気後退や円高は金利低下の要因となります。

そして、市場金利が上がると債券価格は下がり、市場金利が下がると債券価格は

上がる関係にあります。

 

 

債券価格と利回りの関係は下記のようになります。

 

・景気:好況 → 債券利回り(↑)、債券価格(↓)

・景気:不況 → 債券利回り(↓)、債券価格(↑)

・物価:上昇 → 債券利回り(↑)、債券価格(↓)

・物価:下落 → 債券利回り(↓)、債券価格(↑)

・為替:円安 → 債券利回り(↑)、債券価格(↓)

・為替:円高 → 債券利回り(↓)、債券価格(↑)

金融資産運用問題3関連エントリー

金融資産運用問題1
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
金融資産運用問題2
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
金融資産運用問題3
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
金融資産運用問題4
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
金融資産運用問題5
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。
金融資産運用問題6
FP技能検定の受験対策に効果的な携帯サイトです。